2017年1月29日日曜日

庭のデザイン(庭づくり)をする時に考えることは何でしょう? ③ イメージづくりから実現へ 編

前回②では、
庭のデザイン(庭づくり)をする時に考えることとして、
「庭のイメージづくり」とイメージスケッチを紹介いたしました。

庭イメージができあがれば、
次は具体的なカタチを決めます。

ガーデンデザインの仕事では、
構造物の設計(素材、形、色)を細かく(ディテール)
決め、イメージやその土地環境に合う植物を計画します。


今回は実例をあげたいと思います。

イメージを共有した後の打合せをご紹介いたします。

(写真上)庭と外まわりの平図面と植物のご提案。
(写真下)はその平面図(立面図:今回は掲載していません)
をもとに施工し、完成した庭の写真です。
滋賀県大津市にある工務店さんにモデルガーデンの
ご依頼をいただいき、イメージをつくりあげた後の
打合せ内容。そして、施工後の写真。























庭が完成するまでには、
平面図、立面図、詳細図など描きます。
それは、材料がどれくらい必要か
窓からのよい眺めをつくるためには、
どんな植物でどのように植えたらよいかを計画するため。

イメージスケッチとそれらの図面は、
お客さまとガーデンデザイナー、
そして造園の職人さんとの共通言語となり、
お客さまのイメージをより具体的に伝えることに繋がります。

お客さまのイメージと施工内容を理解してくださる職人さんに
施工していただいています。
信頼できる職人さんと一緒に施工に臨みます。














気持ちよく施工がすすみ、
完成した庭はとても清々しい空気が流れます。

そして、お客さまへの引き渡し後からは
少しずつ少しずつお客さまの雰囲気につつまれて生長していくのです。

生長過程もまた庭づくりの楽しみですから、
私も拝見させてもらえることに喜びを感じます。

ガーデンデザイナー 宮森有子
MIYAMORI-DESIGN.COM

0 件のコメント:

コメントを投稿