2017年1月24日火曜日

庭のデザイン(庭づくり)をする時に考えることは何でしょう?植物選び?イメージづくり?それとも敷地の特徴(日当り、水はけ、風通しなど)? ②イメージづくり編

前回、
庭のデザイン(庭づくり)の第一歩として、
「イメージづくり」をお伝えしました。

仕事では、
庭のご要望内容や
お打合せ時の何気ない会話から
イメージをつくります。

お客さまにイメージスケッチをみていただき、
確認と共有をすると、
一緒に庭づくりをしているんだ!という
一体感をお互いに味わえます\(^o^)/

スケッチをきっかけに、話が盛り上がり、
好きな場所やお気に入りの風景など、
思い出していただける時もあります。

そこからイメージを練り直したり、
深めたりすることもあります。

この出発点を私はとても大切にしています。
お客さまにはイメージスケッチをみていただきながら、
説明することが多いです。


















これから庭づくりをお考えの方は、
最初のイメージづくりを大切にしてみて下さい。
「明るい森が好き!」なら、こういった感じでしょうか。
写真や絵葉書もイメージづくりに役立ちます。
















いつも眺める庭、毎日通る玄関アプローチや駐車場も、
イメージがあると
植物や構造物を選ぶ時に統一感がうまれ、
お気に入りの空間をつくることができます。


タイトルには、
庭のデザイン(庭づくり)をする時に考えることとして、
植物選び?敷地の特徴?も挙げました。

植物や敷地特徴からイメージを膨らませていくこともアリます。
それは、次回のブログに書きたいと思います(^^)


庭ができるまでの過程(打合せ〜庭完成)は、
写真をスケッチを載せて、コチラで紹介しています。
ご興味ある方は、ぜひご覧ください。

ガーデンデザイナー 宮森有子
MIYAMORI-DESIGN.COM

0 件のコメント:

コメントを投稿