2017年1月29日日曜日

庭のデザイン(庭づくり)をする時に考えることは何でしょう? ③ イメージづくりから実現へ 編

前回②では、
庭のデザイン(庭づくり)をする時に考えることとして、
「庭のイメージづくり」とイメージスケッチを紹介いたしました。

庭イメージができあがれば、
次は具体的なカタチを決めます。

ガーデンデザインの仕事では、
構造物の設計(素材、形、色)を細かく(ディテール)
決め、イメージやその土地環境に合う植物を計画します。


今回は実例をあげたいと思います。

イメージを共有した後の打合せをご紹介いたします。

(写真上)庭と外まわりの平図面と植物のご提案。
(写真下)はその平面図(立面図:今回は掲載していません)
をもとに施工し、完成した庭の写真です。
滋賀県大津市にある工務店さんにモデルガーデンの
ご依頼をいただいき、イメージをつくりあげた後の
打合せ内容。そして、施工後の写真。























庭が完成するまでには、
平面図、立面図、詳細図など描きます。
それは、材料がどれくらい必要か
窓からのよい眺めをつくるためには、
どんな植物でどのように植えたらよいかを計画するため。

イメージスケッチとそれらの図面は、
お客さまとガーデンデザイナー、
そして造園の職人さんとの共通言語となり、
お客さまのイメージをより具体的に伝えることに繋がります。

お客さまのイメージと施工内容を理解してくださる職人さんに
施工していただいています。
信頼できる職人さんと一緒に施工に臨みます。














気持ちよく施工がすすみ、
完成した庭はとても清々しい空気が流れます。

そして、お客さまへの引き渡し後からは
少しずつ少しずつお客さまの雰囲気につつまれて生長していくのです。

生長過程もまた庭づくりの楽しみですから、
私も拝見させてもらえることに喜びを感じます。

ガーデンデザイナー 宮森有子
MIYAMORI-DESIGN.COM

2017年1月28日土曜日

美しい景観は先人達からの贈り物、と気づくと毎日の景色も違って見えてくる。

私、学生の頃は映画をたくさん観ていました。

今はあまり観ることができないのですが、
NHK「ダウントン・アビー」という海外ドラマだけは、
数年前に出会い、観ています。

20世紀前半のイギリスの貴族社会をえがいたドラマ。
イギリスの田園地帯にある
「ダウントン・アビー」(大邸宅)が舞台。
イギリス、ハイクレア城がドラマのメインロケ地。
ここは今も貴族が暮らしておられるそうです。
どんな景観が広がっているのだろう?

















建物、調度品、衣裳、景色が美しく、
何より会話やコミュニケーションのとり方が独特で、
感動することもしばしば。

「ダウントン・アビー5」では、
時代の荒波により貴族社会も大きく変化します。

貴族でその大邸宅の主、父と長女が
広大な領地をどう扱うのか思案し、会話する場面。

領地を開発して家をつくり、利益をえる計画について、
美しい領地を眺めながら父と長女が話す場面です。

ダウントン・アビーの主、父がこういいます。
開発はする。利益も追求するが、
みんなが愛するこの美しい村は守る。間違っているか?」

長女「いいえ、間違っていないわ」

ドラマのセリフですが、心に響く言葉でした。

今、あたりまえのように享受している目の前の景観は
先人からの贈りものである、ということです。

私たちも次の世代に残す景観をつくっている、
ということを忘れずにいたい。
















庭は個人のものですが、少し離れてみてみると、
それは周りの方にとっての景観の一部。

景観の一部だということも意識して、
お客さまに喜んでいただける庭をつくりたい。

「あたり前のこと」にあらためて気づかせてもらえるセリフでした。

毎日、何気なく見ている景色に
先人達の気配を感じずにはいられません。

ガーデンデザイナー 宮森有子
MIYAMORI-DESIGN.COM


2017年1月27日金曜日

「北欧のしあわせな生き方を知るおはなし会」☆心地よい時間と刺激☆ありがとう

先週末、
友人に声をかけていただき、
「北欧のしあわせな生き方を知るおはなし会
〜スウェーデン、デンマークの旅」に参加し、

心地よい時間と多くの刺激をいただきました。

ゲストスピーカーに、
インテリアプロデューサー/空間収納デザイナーの
香取美智子さん。
軽快でとても分かりやすい説明で、
北欧のデザイン、生き方、風景写真などをみせてくださり、

まるで北欧の旅にでている気持ちになりました。


第2部のトークショーでは、
心に残る言葉を授かりました♡

デンマーク特有の言葉
Hygge (ヒュッゲ)
心からくつろぐ時間と空間をもつ、とか
仲間をふくめ、自分と向き合う時間ということのようです。

心穏やかになれる時間と空間をもつということでしょうか。


ぼんやり庭を眺めたり、
友人と楽しい時間を過ごしたり、
という画が私の頭には浮かびました。
庭に遊びにくる小鳥をみると、穏やかな気持ちになります。
写真(ヤマシジュウカラ):pixabayより
















デンマークは、
2016年、世界幸福度ランキング(国連調査)1位。
今回のイベントでは
トップ10には北欧の国が多くはいっている、と知りました。

日本は?  53位です。
悪くはない。これから\(^o^)/


気のおけない仲間と気持ちよい空間で
お酒とお喋りを楽しむこと。

それが、今の私にとってのHyygeかもしれません(*^^*)

ゲストスピーカー
住まいの外空間デザイナー 富田ちなみさん

ファシリテーター
ドックトレーナー 西川恵理菜さん

楽しいイベントをありがとうございました!

ガーデンデザイナー 宮森有子
MIYAMORI-DESIGN.COM

2017年1月24日火曜日

庭のデザイン(庭づくり)をする時に考えることは何でしょう?植物選び?イメージづくり?それとも敷地の特徴(日当り、水はけ、風通しなど)? ②イメージづくり編

前回、
庭のデザイン(庭づくり)の第一歩として、
「イメージづくり」をお伝えしました。

仕事では、
庭のご要望内容や
お打合せ時の何気ない会話から
イメージをつくります。

お客さまにイメージスケッチをみていただき、
確認と共有をすると、
一緒に庭づくりをしているんだ!という
一体感をお互いに味わえます\(^o^)/

スケッチをきっかけに、話が盛り上がり、
好きな場所やお気に入りの風景など、
思い出していただける時もあります。

そこからイメージを練り直したり、
深めたりすることもあります。

この出発点を私はとても大切にしています。
お客さまにはイメージスケッチをみていただきながら、
説明することが多いです。


















これから庭づくりをお考えの方は、
最初のイメージづくりを大切にしてみて下さい。
「明るい森が好き!」なら、こういった感じでしょうか。
写真や絵葉書もイメージづくりに役立ちます。
















いつも眺める庭、毎日通る玄関アプローチや駐車場も、
イメージがあると
植物や構造物を選ぶ時に統一感がうまれ、
お気に入りの空間をつくることができます。


タイトルには、
庭のデザイン(庭づくり)をする時に考えることとして、
植物選び?敷地の特徴?も挙げました。

植物や敷地特徴からイメージを膨らませていくこともアリます。
それは、次回のブログに書きたいと思います(^^)


庭ができるまでの過程(打合せ〜庭完成)は、
写真をスケッチを載せて、コチラで紹介しています。
ご興味ある方は、ぜひご覧ください。

ガーデンデザイナー 宮森有子
MIYAMORI-DESIGN.COM

2017年1月20日金曜日

庭のデザイン(庭づくり)をする時に考えることは何でしょう?植物選び?イメージづくり?それとも敷地の特徴(日当り、水はけ、風通しなど)? ①

さあ、庭をつくろう!と思った時、
最初に何を考えますか?

「庭づくり?なんだか難しそう。。」と気負わずに。

ご自身の好きな場所や映画のワンシーンなど、
好きな雰囲気を思い出してみてください。
毎日眺めたい好きな雰囲気や風景を思い出してみる(^^)
それもまた楽しい時間です☆












そこが出発点です。
庭づくりを依頼するにも、ご自身でつくるにも
最初のイメージが大切。

「好きな場所や雰囲気?ぱっと思いつかないわ」という方も
もちろんいらっしゃると思います。
その場合、誰かと話てみるといいですよ。
記憶の彼方にあるかもしれませんが、
きっと浮かんできます。

私の場合、
仕事でお客さまへ初提案する時は、
庭のイメージスケッチを用意して、
庭イメージの共有と確認をします。
(詳しく書いたブログはコチラ↑

イメージスケッチの元は、
ご要望内容であり、打合せ中の何気ない会話。

庭をつくろう!という時、
好きなイメージがあると、庭のテーマができたようなもの。
楽しくなってきます。

いくつかのイメージをひとつの庭に物語としてつなげたり、
目隠しで景色を展開させたりするのも面白いです。
混乱しそうになったら、プロに頼るのもアリ!
草原が好き!のイメージならこんな感じですね。















イメージができれば、
具体的にどんな植物でどんな構造物がいいか?を
具体的に見つけやすくなります\(^o^)/

庭づくりをお考えの方は、
好きな場所や映画のワンシーンなどからも
イメージづくりをしてみてくださいね。

私の仕事はその最初の一歩を大切にしています。
庭ができるまでの様子はホームページの施工例1で紹介しています。
ぜひご覧下さい。

ガーデンデザイナー 宮森有子
MIYAMORI-DESIGN.COM



2017年1月18日水曜日

冬の庭しごと「そろそろ寒肥(かんごえ)ですね」

先週末、夕方から急激に冷えこむなあ〜と思っていたら、
翌日は雪!

このキーンとした空気にあたると、
そろそろ寒肥(かんごえ)!と思うようになりました(*^^*)。

日中の気温10℃以下の時期が適しています。
以前、ブログに書きましたので、よかったらご覧下さい。


この時期の寒さはほんとに厳しい!
でも、発見や楽しみがあると心は暖か〜い♡

お気に入りの写真が撮れたので、
先週撮った3枚を紹介いたします。
写真は2017年1月13日撮影。
月も星も美しい冬空。調べましたら、前日が満月だったようです。
















瀬田川で先週(1.12)の昼間に撮影したオオバン達。
水中に浸かった足が冷えないのか?といつも思う。なんでだ?



















いただきものの柚子。
柚子ピールをつくって気分転換!この色が好き!そして美味しい♡



















日々の暮らしにちょっとした感動や美しい風景発見があるだけで、
心がリフレッシュします☆

ホームページでは庭の仕事について紹介しています。
よかったらご覧下さい(^^)

ガーデンデザイナー 宮森有子
MIYAMORI-DESIGN.COM

2017年1月16日月曜日

植物を選ぶ時、どうしていますか?性質を知ると選び方も変わります。

園芸店やホームセンターなどで、ステキ!な植物に
出会うと、(*^^*)植えてみたくなります。

初めて出会う植物の場合、
購入前には植物の性質(常緑or落葉?、高さ、繁殖の特徴など)
を調べずにはいられません。

ポットについた札には簡単な説明がありますので、
もちろん、読みます。

原産国も調べます。

当たり前のことなのですが、
植える場所に根付いて欲しいから。

あまりに真剣になりすぎて、
選ぶ時にはブツブツひとりごと&植物に話しかけてしまいます(*^^*)
「水辺が好きそうだね〜」

















そうやって選んだ植物には愛着が湧いてくるので不思議。
機会があれば、お試しください♡

ガーデンデザイナー 宮森有子

MIYAMORI-DESIGN.COM

2017年1月14日土曜日

フクリンジンチョウゲの赤い蕾に春をおもう♡

2017年の大寒は1月20日。
あと一週間ほどです!

ほんと〜に寒くてブルブル震える朝、
赤い蕾をみるとすこ〜し心が暖まります♡
2017年1月上旬 撮影

















写真はフクリンジンチョウゲ
ジンチョウゲの園芸種で葉のふちに白色の覆輪(ふくりん)が入っています。

3月〜4月に開花すると、とっても良い香りが!

松任谷由実さんの「春よ、来い」が
頭のなかに流れるわ〜♪

香りは好みもあるし、記憶にも結びつくので、
庭には植えたくないという方もいらっしゃいます。

私は大好き!

庭を嗅覚でも楽しめるようにすると、
香り
=思い出のワンシーン(感動や懐かしさ)を取り込めます。

目だけではなく、香りを意識して植えてみるのも
面白いですね!

因みに、
ジンチョウゲは常緑低木
冬も葉をつけています。

誤解のないように言いますと、
常緑=落葉しない、という意味ではありません。

一度にバサッと葉を落とすことがない、というだけ。
常緑樹をみていると、GW頃にハラハラと古い葉を落とし、
新しい葉をだしはじめていますよ〜

身近にはないな。。。という方
3月〜4月頃、通勤や休日の散歩で、
何か花の香りがするな〜と思われたら、
それはジンチョウゲの可能性大です。

いろんなところで私は見つけています^_^
ジンチョウゲ好みの場所が分かって面白い!

ガーデンデザイナー 宮森有子
MIYAMORI-DESIGN.COM


2017年1月12日木曜日

冬の庭で発見!自然に芽生えた植物 ③ 何の種類だか分からない!編

冬の庭で見つけた!
何の種類だか分からない植物の芽生えってあります。

はい。私もそこは日々勉強&更新中なんです^_^
例えば↓
年始の庭そうじで見つけました。
何かに似ている!?でもやっぱり分からん。。。


















前回のブログ
冬の庭で発見!自然に芽生えた植物②〜」では、

何の種類かが分からない植物は、取り除く!とも書きました。
(高木になる場合があるので)

でも、私はもっと観察したい!気持ちが勝つので、
↑写真の植物はしばらく観察することにしました。

種類が判明したらブログで報告します\(^o^)/

芽生えたばかりの植物の姿を知ると、
こぼれ種でふえている好きな草花や
低木を庭に取り入れることができます!

そうした植物の営みを受け入れてみるのも面白い。

庭は持ち主の心模様。
だからいろんな庭があってイイ(≧∇≦)b


ガーデンデザイナー 宮森有子

MIYAMORI-DESIGN.COM

2017年1月10日火曜日

冬の庭で発見!自然に芽生えた植物 ② シラカシ&モチノキetc...どうする?編

前回のブログでは、
「冬の庭そうじの時に発見した植物」について書きました。

紹介したマンリョウは成長しても1Mまで
ナンテンでもせいぜい2Mまで。

そのまま庭に残すかどうかを迷う時間的余裕はあります

だけど、

自然に芽生えてしまった植物が
10メートル以上!生長する高木だったら、
気をつけましょう。
放っておくと、取り除くのが大変になります。

例えば、
・↓ 年始のそうじで発見したシラカシの芽生え 













生垣(シラカシ)の足元で発見しました。
(この場合は、鳥の落し物でなく、
秋の実(ドングリ)が落ちて発芽したもの)

まだそのままにしていますが、
今後、取り除きます(*^^*)


・他に、モチノキ(冬に赤い実がなるので)
そう!この樹木は冬に赤い実をつけるので、
鳥たちは好んで食べ→落とし物?贈り物を届けるんです〜

仕事で庭のリフォームをしたお家では、
モチノキの芽生えを発見し、そっと移植しました。
その後、すくすく生長し、
今では2メートル以上になっています(移植成功!の例)

もし、庭で自然に生えている植物を発見して、
種類も分からない場合、
興味深く半年ほど観察するか、 →次のブログ③に書きました

・取り除いてください。

植木やさんに手入れを任している方は、
聞いてみると植物話に花が咲くことでしょう〜☆
それも庭づくりの楽しみのひとつです

少し余談になりますが、
高木の他に
私が見つけ次第取り除く植物は、
花の香りが苦手なもの。

具体的には、
セイヨウイボタノキ(プリペット)
生垣として爽やかなのですが、どうしても駄目な香り(T_T)

庭の施工後に植物が生長していく過程には
ドラマがあります☆
好きな花がこぼれ種でふえると、嬉しかったり。
オダマキが思わぬところで芽をだしてました!
コレも年始の庭そうじで見つけた植物。
もちろん、このままにして花を楽しみます\(^o^)/




















2017年の大寒は1月20日。

本格的に寒くなりますが、
庭の植物からは春を感じずにはいられません!

今ある庭を少し変えたい、
まとまりがなくて困っている、
手入れの負担がかからない植物にしたい、という方へ

↓ 気軽にコチラへお問合せください。お待ちしております^_^
MIYAMORI-DESIGN.COM

ガーデンデザイナー 宮森有子

2017年1月8日日曜日

冬の庭で発見!自然に芽生えた植物 ① マンリョウ、ナンテン〜編

2017年の酉年にちなんで(*^^*)
鳥からの贈り物をご紹介いたします。

年末のブログに書いた「冬の庭そうじ(落ち葉かき)」、
夫に30分程でざっとしてただきました。
☆ありがとう☆

しかし、

ど〜しても気になることがありまして...

年明けに自分で庭そうじいたしました。

その際に発見した鳥からのおめでたい贈り物、
自然に芽生えた植物、マンリョウとナンテン
を紹介します\(^o^)/

↓マンリョウの芽生え(確定は、観察してからですが)

マンリョウの実がなる頃の姿↑憧れます


























↓ ナンテンの芽生え

実をつける頃のナンテン:秋は紅葉します。
料理を惹きたてる葉としても使われます。






















新しい植物の発見や生長も庭づくりの楽しみです。

が、

その芽生え、この先どうするの?
が重要ですね!はい。

自然に芽生えた、ということは
生長するのに適した場所、
の可能性が高いので、そのままにしておくのもよいです。

ただし、

庭の動線や見え方を考えて、
ふさわしい場所かどうか、見極めてください。

ふさわしくない場合は、取り除くことも庭の手入れのうち。
例えば、モチノキやカシ(今度、紹介します)。
→大きくなるので基本的に取り除きます。

そのままにして庭の植物が茂りすぎてしまった(T_T)
ヘルプっ!という方、ご相談ください。

庭全体をどんなふうにしていくか、
一緒にプランづくりをしましょう。

庭づくりやリフォームをする時、
そこにある植物、適した植物を扱うことを大切にしています。

ガーデンデザイナー 宮森有子

お問合せはコチラ↓へ
MIYAMORI-DESIGN.COM

2017年1月6日金曜日

新年のご挨拶☆

新年あけましておめでとうございます。

お客さまに喜んでいただけるように、
ひとつひとつ丁寧に仕事に取り組んでまいります。

みなさまにとって素晴らしい一年になりますよう、
心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
初めての「立木さん」 2017.1.2
約800段!の石段を登りきると、
「立木観音 立木山安養寺」があります。























場所は、滋賀県大津市石山南郷町。
http://www.tachikikannon.or.jp

JR石山駅からバスもでていますが、私は車で。
数カ所にある駐車場は午後2時の時点で
ほぼ満車状態。
子供は遊ぶ余裕があって羨ましい〜!
石段を登りながら思い出したのは、
「ハウルの動く城」の階段シーン(*^^*)
ソフィーと荒野の魔女がサリマンへ面会へ行く時の
姿が頭に浮かびました。大人は気力で登りきる☆



























↑鹿跳渓谷。瀬田川景勝地のひとつ、だそう。
この瀬田川を望む立木山の山腹を登ると、
冬のコートは暑い!汗かきました。

























↑写真の鹿跳(ししとび)渓谷。
石の観察もしたかったけれど、家族と一緒なので、またひとりで訪ねることにします。

1月6日(木曜)本日が仕事始めになります。

お庭や外構のご相談など、気軽にお問い合わせください\(^o^)/
お待ちしております。
MIYAMORI-DESIGN.COM