2016年7月5日火曜日

花芽を摘まないようにご注意を!〜アジサイ編〜


以前も書きましたが、
花を楽しむ場合、
手入れ(剪定)の時期は覚えておきたいものです。


気軽に楽しめる植物、アジサイ。
剪定(切り戻し)はいつ頃がよいと思いますか?

花後すぐ、つまり今頃です。

ちょうど暑くなってくるこの時期、
屋外の作業は体調管理をお忘れなく。

手入れのタイミングを逃した(/_;)という方は、
秋以降に花芽を確認できるようになってから、がよいと思います。

※秋以降に、スッキリさせるために切る、と
花芽も一緒にとってしまうことになります。

花が咲かない...場合、
まずはその植物の花芽がつく時期、
剪定の時期を確認してみてください。

合っているのに、なぜか咲かない...(●`ε´●)場合、
病虫害が原因であったり、
株がまだ小さすぎるのかもしれません。

その植物の生長具合を観察し、様子をみる、
ということが何よりも大切です。
身近な植物を観察するのも、なかなかいい時間です♡














MIYAMORI-DESIGN.COM

2016年7月2日土曜日

美しいアジサイ'スミダノハナビ'、そしてご近所とのコニュニケーション

いよいよ7月。

梅雨時期に目を楽しませてくれたアジサイも終盤ですね。
毎年、我が家のアジサイはご近所に好評です。

建物角で、通りから手が届く場所に植えてあるので、
ご近所の方の目に触れる機会が多く、
楽しみにしてくださっています。

初めて綺麗に咲いた年、
私ひとり、切り花にして玄関に飾ったりしてました。
それがこの写真↓
以前もブログで紹介した「墨田の花火」
記事はコチラ↓



















次の年、「綺麗ね〜♡」(勿論、アジサイが!)
ご近所の方に声をかけていただき、

アジサイ「墨田の花火」をおすそ分け。
とても喜んでくださいました。

美しいものをみてその感動を分かち合えることって、
素晴らしい。

植物、自然のチカラってすごいと思います。

そして、また次の年、おすそ分けしましたら、
「挿し木してみます!」と。
緑でコミュニケーションがうまれるのですね。

昔に比べれば快適で便利になったはずなのに、
家事に育児、仕事に、と忙しく慌ただしい毎日...
自分自身が自然の一部であることを忘れがちです。

でも、
暮らしのそばに自然があると、
体内時計が調整され、肩の力がぬけてほっとします。

きっと、太古から体内に刻んできた時計を
自分のなかに取り戻せるからでしょう。

そんなことをご近所とのちょっとしたやりとりから思いました。












最後に、
発根しました!と嬉しい声をいただきました。
今度、紹介します^_^
↓が報告ブログ
アジサイの挿し木報告〜発根しました!と嬉しい声♡

MIYAMORI-DESIGN.COM


2016年7月1日金曜日

ベランダで楽しめる多肉植物たち

梅雨に入り、蒸し暑い日が続きますね。

この暑さでもローメンテナンスで楽しめる植物!
それは多肉植物たちです。

昨年10月、
友人のベランダにある植物の植替えと
寄植えづくりをしました。
東向きで午前中は日当りがよいベランダ。
植替え&寄植えづくり 2015.10




















今年はこんな感じに!!

昨年↑写真の右列真ん中と同じ鉢がコレ!↑
モリモリに生長していますね〜ベランダの窓側に配置
してあり、室内からも眺められます。
雨があたらなくても、元気(^o^) (※屋外は軒下で)


昨年↑写真の右列の下と同じ鉢。
緑の球体が連なる植物、
グリーンネックレスSenecio rowleyanus
をみてもその成長ぶりがよく分かりますね。









































頻繁な水やりは必要ないので気負わずに楽しめますね。

大きくなった時はハサミでちょん、と切って、
土に蒔くか茎のあるものは挿すだけ。
生長してくれると、こちらも育て上手になったようで、
なんだか自信が湧いて、元気がもらえます。

風通しがよくて乾燥しやすいベランダで植物を育てたいけれど、
すぐに枯らしてしまうから...」
と諦めている方へ!
多肉植物はオススメです。

※掲載した植物たちは、
東向きベランダで午前中の日当りがよい場所にいます^_^

MIYAMORI-DESIGN.COM