2015年9月24日木曜日

庭木の水やりの目安って?〜ヤマボウシ編〜

今回は植えたばかりの庭木の水やりについて

水やりの大切さをご存知の方は多いと思います。
では、「たっぷりと水をやる」って、
具体的にはどれくらいなのでしょうか。
「たっぷりと水やり」の解釈って、人によってさまざまですね。

私の場合、
高さ3Mの庭木(例えば、ヤマボウシ)なら、
土が飛び跳ねず、表土が流れないようにシャワーを調節して、
3分は水やりします。
じわ〜っと水が土の深くまでしみこんでいくのをイメージするのもいいですね。

※勢いのよいシャワーの水は表土を流れるだけで、地中深くまでしみこみにくい
※ 猛暑日が続く場合、1日2回、朝晩の涼しい時間帯に毎日行います
※ 植込み後の2〜3年は特に水やりが大切です
根付くと、自分で水を探すことができるようになってきます
(でも、連日猛暑が続く時は水やりが必要です)

葉先が茶色になり、パリパリでも枝が枯れていなければ、
芽吹きの時期まで様子をみて、乾燥、晴天が続く時は水やりを行う。
諦めずに根気よく〜なのです。

枝や木そのものが枯れていなければ、芽吹きが期待できます!

そして、翌年のGWの乾燥、猛暑日、秋の乾燥時、
水やりに気をつければ、次第に庭木は応えてくれます。
愛情もらい元気に育った庭木は、気持ちよい時間をとどけてくれます






















因みに、枝が生きている場合、簡単には折れず、
力を加えるとしなります。


こうして様子をみてあげることが本当に大切なんです。
病気や害虫にも早く対処してあげられます。

人と同じで植えてから3年間が重要。
その後は過保護にならない程度に見守ること(^^)
植えたての頃と同じ頻度で水をやる必要はありません(猛暑日を除いて)
「いつも水をもらえるから〜頑張って根をはらなくて大丈夫♪」
と甘えてしまいます。


それでも沢山の葉が枯れる、庭木が枯れる場合、
日当り、水はけ、風通し等が原因かもしれません。
植えてある環境から見直すことも時には必要です。

ミヤモリデザイン事務所

2015年9月15日火曜日

庭を彩るアイテム:水鉢編


とても涼しく、
気持ちよい季節になりましたね。

手入れできないままだった庭の雑草、
気づいた時にだけ、
素手でちょっとずつ掃除しています。ヒンヤリした葉の感触が好き!
しっかりと掃除する時は必ず手袋をしましょう。

水鉢を見ると、水が澄んでいて癒されます。

水と植物だけだと、夏期にボウフラさんが発生し、
(T_T)好ましくない様子になってしまいますよね。
対策はなんでしょうか。
GWに飼い始めたメダカとエビのお陰!でしょう。
ブログ初日に掲載した写真




















↑の水鉢にはメダカとエビが暮らしています。
因みに鉢には赤玉土を入れています。
メダカ、エビ、水草を買った時
「こものメダカ倶楽部」さんに教えていただきました。

エビは水草も食べていますが、
それなりにバランスがとれているようで、
互いに上手く暮らしています。自然の営みに感謝♡

水鉢内の手入れはほとんどしていません。足し水くらいです。
明るい日陰が好ましいです。
(上の水鉢は朝日1〜2時間が当たる場所)

大きな水鉢なら
水面に映る月見が楽しめるでしょうね。風流〜

ミヤモリデザイン事務所






2015年9月10日木曜日

アジサイの花

花を楽しみたいのに、咲いてくれない。。
と相談されることがあります。

剪定の時期が大切なんです。
(原因が分からないことも時々ありますが)

今回はアジサイ編

花芽をつんでしまっていた!なんてことがあります。

花を楽しみたい方は、この時期ではなく、
来年、花芽を確認してからの剪定をオススメします。

数年前、実家でも同じことがあったんです。
アジサイ ’スミダノハナビ’ 
「花が咲かない」と言われておりました。

引き取った後、
水やりだけ注意して放おっておくと、見事に咲いたのです。
こまめに手入れをする母は花芽をつんでしまっていたんですね。
http://ymyuko.blog.fc2.com/blog-entry-16.html






































個人的な話ですが、
私はのびのびとしたアジサイの姿に惹かれます!

2015年9月8日火曜日

庭にまとまりがほしい方〜ゾーニングはできていますか?〜


庭づくり、何からはじめましょうか?

ホームセンターや園芸店で材料や植物をみると
どんな庭にしようかな、ってワクワクしますよね(*^^*)

ガーデンデザインではそのワクワクの気持ちを大切にしながら、
以下の作業を最初に行います。

1.その土地環境(日当り、水はけ、風通し、地形、土、形状等)を知る
2.庭のゾーニング

土地環境については、持ち主がとてもよく把握されている場合が多いです。
毎日の観察や自然がお好きな方は客観的に分析もなさっています。


今回の焦点は、2.ゾーニングについて

それは、空間の役割を決める!ということ。

例えば、くつろぎスペース、菜園(作業)、部屋からの眺め、等。

空間の役割、これはゾーニングと言われています。
建物でいうと間取りにあたるでしょうか。
キッチン、ダイニング、リビングetc...

庭(屋外空間)にまとまりがほしい方、

ゾーニングはとっても地味〜な作業だけど、
庭づくりの要なんです!

お部屋と同じように、役割に合わせて、
部屋から眺めるための鉢や草花の位置や高さ
寛ぐためのテーブル&イス等の置き場所を決めてみてください。


庭全体がまとまって、落ち着きもうまれますよ。
できることから少しずつ行うのがポイントです。

リフォームしたように気持ちが ♪ルン♪ と弾みますよ。
庭全体計画をご提案させていただいたN様ご夫妻の庭

DIYデッキ&パーゴラの完成が楽しみです!



















ガーデンデザイナーの仕事ってどんなことをするのか、
今後もブログで紹介しますね。

自分でがんばってはみたけれど...

何かが違う、と思っている方、
もうどうしたらよいのか分からず困っている方は
どうぞお気軽にご相談ください。
MIYAMORI-DESIGN.COM



過去のブログについては下記をご覧ください(^^)
http://ymyuko.blog.fc2.com

2015年9月3日木曜日

DIYデッキ&パーゴラのある庭 Part1


本日、二度目の投稿です(^_^;)
ガーデンデザイナーの仕事は植物だけでなく、構造物も扱います。
デッキとパーゴラは部屋からの眺めをつくる額縁となり、室内と外をつなぐ
役目をしています。デッキは屋外リビングとしてもお使いいただけるよう広め
にしています。






















お施主さまご自身で施工なさっています。

私は庭全体のデザインをご提案し、
デッキ&パーゴラの詳細図面を作成→束石は職人さん施工。

その先の施工は全て、お施主さまなんですよ。
正直申しますと、施工中の怪我等がとても心配でした。
造園や建築とは違う、お仕事をなさっていますから。
そして、限られたお休みの日に屋外での作業。

が、まもなく完成ですよ〜✨
あまりにも感動し、撮影させていただきました。
デッキに職人さんの道具や私のリュック等、置いたままだけど、パシャ!


限られたお休みにこつこつと積み上げてこられたんだな〜と思うと、
感動の涙がでそうになります(T_T)
デッキ&パーゴラの図面+模型も使ってプレゼンをしました
立体になるとお互いの理解が深まり、会話も弾みます




















これを見て、つくろう!と思っていただいた理由。
それは、建築がお好きだったから、と最近、判明いたしましたm(__)m納得

完成後は植物の植込み♡
そこからは奥様がご担当なんです。

ご依頼のきっかけは奥様のお好きな植物達でしたから、
本当に楽しみにしてくださっています(^^)

「好きなものを植えて楽しんではいるけれど、もう少しすっきりさせたい!いちど庭を見にきてもらえるかしら・・・」
のひと言から庭づくりのご提案がはじまりました。

※  最初のご依頼内容は庭全体のラフ図面作成でした。
(ご依頼前の相談などについては「庭ができるまで」をご覧ください。

秋からは植物が入り、
また新たなドキドキワクワクがはじまりますよ。

お施主さまとつくる庭づくり。
参加させていただけることに感謝いたします。

PS.
N様ご夫妻へ〜写真掲載のご協力有難うございました

引っ越し。。

今まで使っていたブログの文章、写真を全てを移行できるかな。。

雨の日が続きます。
猛暑で疲れた体を休めて、
秋の活動に向けて充電ですよ。

そうそう、今年のGW頃に飼い始めたメダカ&エビ達。

メダカは1匹になってしまったけれど、
エビは繁殖しておりますよ〜〜
小さくても、立派なエビの姿をしている。
残念ながら、、メダカさんしか写せませんでした〜























※ メダカ、ヌマエビ?、水草は
滋賀県米原市にあるローザンベリー多和田さんのイベントにこられていた
「こものメダカ倶楽部」さんで買いました。